不眠症の方へ。残念ながら、眠ってしまいます

| コメント(0) | トラックバック(0)
通常、瞑想を行っているといろいろ雑念がわいてきたり、なかなか集中ができないことがあります。

また、自律訓練法や体外離脱の練習の場合、雑念ではなく、眠気が襲ってきて最後まで行かない間に寝てしまう事があります。

わたしもヘミシンクの瞑想法を覚えるためにゲートウェイ・エクスペリエンスのウェーブ1を一週間ほど続けていますが、最後まで聞けたのはたったの1回です。

睡眠中にも脳は動いているので、その間にもメッセージを送り続ける事は良いことですので、寝てしまっても効果はあると思います。

ヘミシンクのCDは、なるべくリラックスした状態で聞くのが好ましいので、ベッドに横になって聞くと良いと思います。

私の体験談としては、以下のような状況の時はヘミシンクのCDだけでリラックス状態を得る事は難しいです。

  • 仕事で疲れすぎて、変にテンションが高いとき
  • 悩み事が深すぎて、どうしてもそのことを考えてします(雑念だと思います)
  • 明日朝起きるのが早いため、すぐに寝たいと焦っている

ただ、初めて瞑想に挑戦される方は、リラックスという状態がつかみにくいかもしれません。
一番簡単にリラックスする方法は、からだを動かして疲れることです。

その一番良いお手本は

「子供」

です。

中国武術は動物の動きから、いろいろな流派が生まれていますが、トランス武道はこどもの動きから技を考える事が多いです。

こどもって、よく走り回っていますよね?いつもそれを見て勉強しています。

ビリーズブートキャンプなんかも良いかもしれません。私は試したことがありませんが、意外としんどいということを聞きます。

それなら、無酸素運動にすれば、脳内麻薬的にはかなり効果があるかと思います。
無酸素運動については、また次の機会に書きたいと思います。

話が戻りますが、大人の人がこどものように楽しく走り回るのは難しいので、最近はヨガなども流行っていますし、自宅で練習できるDVDもあるので、お風呂上がりにヨガでからだの筋を伸ばし、それからヘミシンクを行うとリラックスしやすいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.trancebudo.com/mtos/mt-tb.cgi/88

コメントする

このブログ記事について

このページは、benitenが2007年11月23日 09:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「古武術の発見」です。

次のブログ記事は「瞑想専用ヘッドホン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。