ユダヤの訓え「大物」になる勉強法

| コメント(0) | トラックバック(0)
世界の人口比率からいうとすごく少ないはずのユダヤ人がどうして、世界の経済をコントロールすることができるのか?
そんな疑問が前からありました。

でも、世界を見渡すと、ユダヤ人や中国の華僑をはじめ、国を追われたり自分の国に住んでいない人たちが世界で活躍しています。

そこには、何か共通した法則があるのではないか?

そんな疑問を前から持っていたので、この本は勉強になりました。

個人的に特に面白いなぁと思ったのは、ユダヤ人は休息日をすごく大切にします。
日本人は週末も結構アクティブにすごく事が多いと思いますが、ユダヤ人は自己再生のためにしっかり休みます。

この休息方法は、アメリカの心理療法でもその休むタイミングをとりいれていますので、そのアイデアの出所は実はユダヤの掟だったのかもしれません。

もちろんその他に処世術、商法、人生観、結婚観なども書かれていて、内容が完結まとまって読みやすいです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.trancebudo.com/mtos/mt-tb.cgi/83

コメントする

このブログ記事について

このページは、benitenが2007年12月16日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「華僑の人たちに学ぶ困難に立ち向かう生活術」です。

次のブログ記事は「河上彦斎 (るろうに剣心のモデル)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。