高級低反発マット トゥルースリーパー: 脳とからだを休める睡眠法

| コメント(0) | トラックバック(0)
仕事は自分がやりたい事とは限りません。


そのため心の中では、
やりたくないという思いであったり
自信がなかったり


単に面倒だと思っていたりする場合もあります。


心のどこかでブレーキをかけながら、
進めているので、余計なところに力が入っています。


その力は、精神的な部分と実際にからだの筋肉に
緊張があり、こりを感じたりします。


あなたの生活のうち、学校や仕事に行っている時間は
三分の一以上費やしています。


そして睡眠時間にもかなりの時間を費やしています。


睡眠時間は脳を整理するために必要です。

寝る事で脳を休めると考える人もいると思いますが、
私は寝る事で起きているときには機能できない脳のある機能を
発揮するために睡眠を取ると思っています。

ですので、ちゃんと睡眠時間を取って、脳の違う機能を
動かしてやる必要があります。


私は青木先生から

「皆、瞑想は起きている時にだけすると思っているが、それは間違いだよ」

と言われたことがあります。


その言葉か、睡眠中も何かをしていると予想します。


でも、疲れているとなかなか眠れなかったり
眠っても疲れが取れきれていなかったりします。


会社の同僚でアイスホッケーをやっている人がいるのですが、
彼がすごい良い物があるよ

と、教えてくれたのが

トゥルースリーパーです。


低反発マットで、今のベッドや布団のマットレスの上に敷くと
寝るときに背骨がまっすぐになります。


人は一晩に何回も寝返りをうつのですが、
その度に人は瞬間的に起きています。


このトゥルースリーパーは寝返りの回数を減らし
本当に熟睡できる状態を保ちます。


その同僚は毎日会社で会う度に

「今までの眠りはうそだった」

と大げさなこといいます。


「買ったら本当にびっくりしますよ」


毎日そういわれると実際に試さないと納得しない私は
実際に買ってみました。


確かに朝起きた時の眠った感が違います。


今は、もう使って数ヶ月経つので以前ほどの驚きはないです。

しかし朝、会社行くの面倒だなと思うのは変わりませんが、
夜寝るときにベッドに沈み込む感じが本当にからだが癒される感じがします。


寝ているときに深い瞑想状態でいるために、是非一度試してみて下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.trancebudo.com/mtos/mt-tb.cgi/115

コメントする

このブログ記事について

このページは、benitenが2008年3月19日 10:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自律訓練法でヘミシンク瞑想の感性をさらに高める方法」です。

次のブログ記事は「武道が最も得意とする気を読む瞑想法とは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。