2008年5月アーカイブ

テレビ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」で
おなじみのおばちゃんが主演の

すごい映画がこれです

■少林老女オフィシャルサイト
http://www.shaolinbaba.jp/index2.html



最近、「少林少女」や「カンフーくん」といった

カンフー系の映画が多いですが

それらは、今年北京オリンピックがあるので
中国つながりで製作されているようです


しかし、たぶんこの少林老女は
そういったことは関係ないんじゃないかと
思います


オフィシャルサイトで映画コマーシャルが
観れますが


それを見た感じだと
テレビ番組を映画館で観ているような
そんな映像です


なんか適当な雰囲気さえします


しかし、「少林」と付くと
やはりカンフー系、武術系の映画で
あるので


アクションシーンは気になります


しかし、そのおばちゃんも
結婚されていて


家では普通に奥さんなんでしょうね
ザ・シークレットのDVDを

ネットで注文して購入しましたが

YouTubeに一部公開されていますね


もちろん英語ですが、

本を持っている人は、

本を見ながら映像を見ていると

大体内容がわかります





わたしはザ・シークレットが言っている事は

難しい潜在能力とか無意識とか

脳のある機能を発動させるために

必要なことを



非常にシンプルに

説明しているので、

素晴らしいなーと思っています



ただ、実行が伴わないと

当たり前ですが

何も起きません



面白い実験があります



レストランなどで

メニューを注文するまえに

あなたの本当に注文したい物を

強烈にイメージして下さい



そして、

実際に注文するときは

あなたが強烈イメージした物と

違う物を注文してみてください



確実に注文した物が出てきて

強烈にイメージした物は

出てきません



この実験からわかるように

イメージは、実際に行動すると

行動を後押ししてくれますが



その逆は難しいです
音楽はリラックスするなど
精神的な影響が結構あります


潜在能力を活かして活動していときは
クラシック音楽が脳にいいです


今はCDを買わなくてもiTunesをダウンロードして
インストールすれば


インターネットラジオが24時間聴けます



iTunes baroque.png
私はもうインターネットラジオのみで音楽を聴いている
状態です



アルファ波を出すのに良いのは
ゆっくりとしたクラシック音楽が良いです


インターネットラジオのクラシックの中に
バロックというのがあるので


是非それを聴いてみて下さい


会社でiTunesの音楽をイヤホンなどで聴ける人は
仕事中に聴いたら良いかと思います


バロック以外では、モーツァルトの音楽がとてもよいです


どうしてモーツァルトの音楽が良いかというと


モーツァルト自身の心の病を治すために作曲をしていたと
いう説があるそうです


アマデウスという映画を見ると
モーツァルトは変人に描かれていますが
心の病的なことがあるなら納得も行きます


天才紙一重なんだろうなーと
以前このブログで書いたけど


社会人になって初めて勤めた会社から
研修に行かせてもらったベンチャー企業で
出会った取締役から


自由とは?


という話をしてもらったことがある


ガラス張りの会議室で
その話をしてもらったんだけど


外から見ていた社員の人から後で


なんでホワイトボードに


自由とは?


なんて書いてたんですか?
みんなであやしいって話をしていたんですよ


と言われた


確かに、会社で「自由とは?」っていう
テーマでやる会議なんかなかなかないよな


その話を聞いたのが
もう13年くらい前になります


それから5年後には
自分の理想の会社に入る事ができたんですが


自分の夢が実現してしまうと、そのあとの
目標がなくなってしまい


結構つらいです


その辛さは、実はまだ続いています


本当にやりたいこと
やるべきことは何か?


それを毎日考えて生きてます
稽古に参加している仲間は

本当にすごい瞑想をします


稽古を始める前に
瞑想を誘導するのですが


本当に皆、気配がなくなります


いつもすごいなーこの人たち


と号令をかけている私が感心しています
(私の号令がうまい事にしておこう...)


トランス武道メンバーでパフォーマンスなどをしてる
ダンサーの極楽ドビーさんは


稽古後の黙想で


どこからともなく時計の秒針の音が
聞こえたそうです


結構、大きな音だったので
誰かの時計の音がしているだろうと思って
そのまま黙想をしていました


そして、黙想後、その時計を探したけど
そのような時計は存在せず


あったのは、体育館の壁に備え付けたある
時計のみでした


彼は、瞑想で集中していたため
遥か向こうの壁にある体育館の時計の
秒針の音を聞いていました


稽古後の恒例の飲み会の席でその話を
聞きましたが、


ほんと、すごいです


彼を実験台に気を送る稽古を
やったことがありますが


それはまた次回に


で、
彼のような瞑想を行うにはどうすればいいか


それは、以下の方法です

是非試してみて下さい


  1. まず、目を閉じて真っすぐ立ちます。真っすぐというのは地球の重力に対して真っすぐですので、若干手が体の前へ足れるような感じなります。すこし前傾姿勢となります
  2. 重心は土踏まずの真ん中におろします
  3. 天から気のエネルギーを頭のてっぺんにある、百会というツボから吸います
  4. 頭に入った気を首、肩、胸へとおろして行きます
  5. 胸まで降りた気をさらに、みぞおち、お腹、下腹へとおろします
  6. 下腹からさらに、ももの付け根、もも、ふくらはぎ、足首までおろします
  7. 足首から足の甲、足の裏まで気をおろしていきます
  8. 足の裏までおろした気を、地球の真ん中までおろしていきます
  9. 天からの気をあなたの体を通して、地面へつなげています
  10. その状態で、呼吸法などは一切意識せず、立った状態で瞑想を続けます
  11. 適当なところで辞めて下さい。2,3分で良いと思いますが、その状態が気持ちが良い人は、そのまま気が済むまでやってみてください

やり方とかわからない人はコメント書いてもらえれば
お答えします
今、いろいろな情報が氾濫していますが

その中で本物というか信用できるものって

実際どれくらいあるのかなーと思ってしまいます


昔、インターネットが出始めた時

深夜番組等でインターネットのことを
特集していたり

これからの時代はこうなる!

みたいな番組がちらほらありました


その時から思っていたのですが

情報化社会になると
いらない情報も増えるだろうし
情報操作するやつも出て来るだろうし

全然便利になんかならないんじゃない

私はそう思っていましたし

今もそう思っています


たとえばルネッサンスの時代

イタリアにいろいろな天才芸術家が現れましたが

それはイタリアという国に集中してます


今みたいに飛行機とかないので
世界から人が行き来しないのに
イタリアでそういうムーブメントが起こります


アニメも日本って世界から注目されていますが
(最近は韓国とか他の国に外注して作るらしいですが)

有名な人たちは日本人が占めていると思います


昔、やっと就職できた会社から
その会社を根本的に変えるために
あるベンチャー企業に研修に行かせてもらえました


そこの社長さんが結構変わっていて
また元カメラマンでパソコン好きの取締役の方から
かわいがって頂き


私の社会人としての基礎を学ばせて頂きました


その社長さんが早朝勉強会で言っていたのが

  • 一流の人間が三流の会社で働くと二流になる
  • 三流の人間が一流の会社で働くと二流になる

だからうちの会社は、一流の環境を作っているので
三流の社員を雇っても、みな二流になる


一流の人が三流の会社で二流になるのは
レベルが下がるが

三流の人が一流の会社で二流になるのは
実力が上がっている


同じ二流でも中身が違う


そう言われていました


それを聞いて
私は三流だと思っているのですが


一流のことを学んだり
一流の環境になんとか入り込む事で


自分を二流へと押し上げて行きたい


そう思っていましたし
今もそう思って、毎日修行、勉強、研究です


一流の環境の一つが私に取っては

新体道

です



革命は、誰でもが起こせて
誰でも変われます


新しい自分になるため
本当の自分を知る方法を知らないだけです



小さな革命を自分と自分の周りに起こす方法


それが私の経験をふまえて研究するために必要な

最高の環境と最高の仲間


それが


トランス武道研究会です

このアーカイブについて

このページには、2008年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年4月です。

次のアーカイブは2008年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。