いつでもどこでも起こせる革命とは

| コメント(0) | トラックバック(0)
今、いろいろな情報が氾濫していますが

その中で本物というか信用できるものって

実際どれくらいあるのかなーと思ってしまいます


昔、インターネットが出始めた時

深夜番組等でインターネットのことを
特集していたり

これからの時代はこうなる!

みたいな番組がちらほらありました


その時から思っていたのですが

情報化社会になると
いらない情報も増えるだろうし
情報操作するやつも出て来るだろうし

全然便利になんかならないんじゃない

私はそう思っていましたし

今もそう思っています


たとえばルネッサンスの時代

イタリアにいろいろな天才芸術家が現れましたが

それはイタリアという国に集中してます


今みたいに飛行機とかないので
世界から人が行き来しないのに
イタリアでそういうムーブメントが起こります


アニメも日本って世界から注目されていますが
(最近は韓国とか他の国に外注して作るらしいですが)

有名な人たちは日本人が占めていると思います


昔、やっと就職できた会社から
その会社を根本的に変えるために
あるベンチャー企業に研修に行かせてもらえました


そこの社長さんが結構変わっていて
また元カメラマンでパソコン好きの取締役の方から
かわいがって頂き


私の社会人としての基礎を学ばせて頂きました


その社長さんが早朝勉強会で言っていたのが

  • 一流の人間が三流の会社で働くと二流になる
  • 三流の人間が一流の会社で働くと二流になる

だからうちの会社は、一流の環境を作っているので
三流の社員を雇っても、みな二流になる


一流の人が三流の会社で二流になるのは
レベルが下がるが

三流の人が一流の会社で二流になるのは
実力が上がっている


同じ二流でも中身が違う


そう言われていました


それを聞いて
私は三流だと思っているのですが


一流のことを学んだり
一流の環境になんとか入り込む事で


自分を二流へと押し上げて行きたい


そう思っていましたし
今もそう思って、毎日修行、勉強、研究です


一流の環境の一つが私に取っては

新体道

です



革命は、誰でもが起こせて
誰でも変われます


新しい自分になるため
本当の自分を知る方法を知らないだけです



小さな革命を自分と自分の周りに起こす方法


それが私の経験をふまえて研究するために必要な

最高の環境と最高の仲間


それが


トランス武道研究会です

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.trancebudo.com/mtos/mt-tb.cgi/140

コメントする

このブログ記事について

このページは、benitenが2008年5月 7日 22:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インプロビゼーショントランペッター近藤等則氏と青木宏之先生の古武術演武」です。

次のブログ記事は「気持ちを沈め、天からの気を全身に通す、立って行う瞑想法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。