サイケデリック・瞑想・潜在能力の最近のブログ記事

稽古に参加している仲間は

本当にすごい瞑想をします


稽古を始める前に
瞑想を誘導するのですが


本当に皆、気配がなくなります


いつもすごいなーこの人たち


と号令をかけている私が感心しています
(私の号令がうまい事にしておこう...)


トランス武道メンバーでパフォーマンスなどをしてる
ダンサーの極楽ドビーさんは


稽古後の黙想で


どこからともなく時計の秒針の音が
聞こえたそうです


結構、大きな音だったので
誰かの時計の音がしているだろうと思って
そのまま黙想をしていました


そして、黙想後、その時計を探したけど
そのような時計は存在せず


あったのは、体育館の壁に備え付けたある
時計のみでした


彼は、瞑想で集中していたため
遥か向こうの壁にある体育館の時計の
秒針の音を聞いていました


稽古後の恒例の飲み会の席でその話を
聞きましたが、


ほんと、すごいです


彼を実験台に気を送る稽古を
やったことがありますが


それはまた次回に


で、
彼のような瞑想を行うにはどうすればいいか


それは、以下の方法です

是非試してみて下さい


  1. まず、目を閉じて真っすぐ立ちます。真っすぐというのは地球の重力に対して真っすぐですので、若干手が体の前へ足れるような感じなります。すこし前傾姿勢となります
  2. 重心は土踏まずの真ん中におろします
  3. 天から気のエネルギーを頭のてっぺんにある、百会というツボから吸います
  4. 頭に入った気を首、肩、胸へとおろして行きます
  5. 胸まで降りた気をさらに、みぞおち、お腹、下腹へとおろします
  6. 下腹からさらに、ももの付け根、もも、ふくらはぎ、足首までおろします
  7. 足首から足の甲、足の裏まで気をおろしていきます
  8. 足の裏までおろした気を、地球の真ん中までおろしていきます
  9. 天からの気をあなたの体を通して、地面へつなげています
  10. その状態で、呼吸法などは一切意識せず、立った状態で瞑想を続けます
  11. 適当なところで辞めて下さい。2,3分で良いと思いますが、その状態が気持ちが良い人は、そのまま気が済むまでやってみてください

やり方とかわからない人はコメント書いてもらえれば
お答えします
新体道が30年前に取り上げられた新聞記事を見ると

「呼吸法は、ヨガからヒント」

ということが書かれていました。


新体道では武道で言われる、丹田に力を込めるとか
そういったことは一切気にせず、
自然に呼吸します。


新体道をベースに研究しているトランス武道も
どうようのアプローチを取っており、呼吸は意識せず
自然に行います。


しかし、昔の新聞記事が気になります。

空手をやっている人の中にも、ヨガを結構やっている人がいます。

またグレーシー柔術のヒクソンもヨガをやっていることで有名です。


それぞれの人種もしくは国には、得意な分野があると思いますし、
それらの人種もしくは国には、与えられた使命もあるのではないか?
そうも感じます。

インドは、数学、哲学、そしてヨガ。
ヨガはからだを通した哲学であり宗教だと思います。


ヨガにもいくつかの宗派や学派があるというのが、武道にも似ています。
また解脱というのは、まだ意味がわかりませんが解放を目指しているというのが
新体道、トランス武道と方向性が一緒です。


今、日本に広がっているヨガは、ハリウッドなどアメリカで変形したもので、
本当のものとは若干違います。

しかし、そのハリウッド版ヨガがインドにも逆輸入されていることから、
ハリウッド版ヨガが世の中に求められていることがわかります。


とっかかりとしては今のヨガの方が簡単なのは確かですし、
ダイエットを目的とするのも、肥満が問題の今のアメリカでは
真剣な問題で、それがヨガによって解消できればすごいことです。


前に少林寺拳法は達磨大師が易筋経を伝えたことから
始まったと書きましたが、

インド人であった達磨大師はヨガを知っていたでしょうし、
易筋経もヨガの一部であったんだと思います。


ヨガと武術の関係をまた研究したいともいます。
仕事していても恋愛もうまく行かない

あなたにもそんな時ってありませんか?


水戸黄門のオープンニングの歌に

♪人生、楽ありゃ、苦もあるさー

という歌詞がありますが、


確かに楽もあれば、苦もあります。


不思議なのが、楽しいことや辛いことって
まとまっておきませんか?

まんべんなく、毎日楽しくて苦しいというのではなく、

楽しい時が続くと、そのあとに苦しいことに追われて
という感じになることが、私の場合には多いです。


どうして、楽しいことと苦しいことが
毎日平均的におきずに、どちらもまとめて
くるんだろう?

楽しいことはいいですが、苦しいことはまとまってくると

やっぱり苦しいです。


本屋によったら、たくさん積まれているある本がありました。
ザ・シークレットという本です。


この本は100年くらい前に出版された引き寄せの法則の証拠を集めたような本です。


著者も同じく人生最悪の時を過ごしているときに、
娘からその昔の本を渡され、その中にその引き寄せの法則が書いてあり、
それを実践することで、人生の窮地から脱出します。


アメリカでは、それはテレビ番組となっており、
DVD化されているということで、
どうしても見たくなりました。


そこで本に書いてある

http://thesecret.tv/


で、DVDを購入しました。

届くのに3週間ほどかかるそうです。

届くのが楽しみです。


またどんなだったかをご報告いたします。
去年師匠がiPodとか新しい技術に触れると、それを開発した人たちの情熱や天才的なアイデア、そしてそれを商品化した努力に本当に敬服すると言っていました。

なぜかその時期iPodのことを、音楽を持ち運んでいつでも聞けるのでとても良いという話をしていました。

しかし、どうもいろいろな話をつなげてみると、師匠のiPodには音楽だけでなく、何か瞑想のCDのようなものも入っているんじゃないかと思うようになりました。

話し方を勉強するには落語のCDを聞くのが良いということを昔から言われているので、もちろんそういう物も入っていると思います。

落語の話を聞いた時は稽古仲間と新宿の寄せに聞きに行ったりもしました。

私もiPodを瞑想グッズとしてとらえて使っていますが、標準で付いているヘッドホンは外で聞く時は電車の音などで聞き取りにくくなってしまいます。

そこでいろいろ探しましたがやはりノイズキャンセルの入っている物が良いです。
私は値段が手頃なソニーのノイズキャンセル機能の入ったものを使っています。
確か9800円くらいでした。

いわゆるヘッドホンなのでサイズはデカイのですが、誰にも邪魔されない音空間をつくるには最適です。

あと、一人で静かにしたい時はヘッドホンだけつけて、ノイズキャンセルの機能をオンにすると、周りの雑音が遮断され静かに考え事等も出来便利です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちサイケデリック・瞑想・潜在能力カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはザ・シークレットです。

次のカテゴリはスリピリチュアルヒーリングです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。